« 【地方講演】日本経済を浮揚し国際競争力をも強化する処方箋案 | トップページ | 【都内での講演】日本経済がこの先どうなるか »

2010年10月27日 (水)

【講演】アグリビジネスの構造イノベーションとIT活用の意義

 とある産官学連携の勉強会(筑波学園都市にある農業・食品産業関連の研究所・施設の見学会)がきっかけになって、『アグリビジネス創出フェア』にて、話しをすることにあいなりました。
 その関係ページは、ここです。
 http://agribiz-fair.jp/event/event.html
 お偉い先生方の大写しの写真の、ずっと下の方に、気付かない程度に掲載されています。(^-^)

 次は、事務局に送ったレジュメです。

=====≪quote≫

■テーマ :

 アグリビジネスの構造イノベーションとIT活用の意義
 ~発展のための抜本的処方箋案(不可欠な内需拡大とグローバル化への対応)~

◇ 講師    :株式会社日本総合研究所 理事・主席研究員 新保豊
◇ 日時    :2010年11月25日(火)
◇ 会場    :幕張メッセ

■セミナー内容の概要:

 前半で日本のアグリビジネスが抱える構造問題の現状を、
 ①ミクロ面(経営の担い手・方法、投資リターン、上下流域価値連鎖、生産物・商品の価格・販売チャネル)、
 ②セミマクロ面(産業の収益性・競争力、農地の扱い、気象の影響度、業界組織改革)、
 ③マクロ面(政府投資先と財源、国際競争力)
から考察、そのイノベーション余地を模索。

 後半では主に①ミクロ・②セミマクロ面として、ITを駆使した効率化・生産性向上や生産・流通・販売チェーン上のイノベーションを通じた収益力増大、ひいてはグローバル対応への可能性について概観します。

=====≪unquote≫

|

« 【地方講演】日本経済を浮揚し国際競争力をも強化する処方箋案 | トップページ | 【都内での講演】日本経済がこの先どうなるか »

1.マクロ経済(財政・金融)とグローバリズム」カテゴリの記事

8.勉強会・研究会(社内および社外産官学活動)など」カテゴリの記事

6.食・農畜産業・水資源」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【講演】アグリビジネスの構造イノベーションとIT活用の意義:

« 【地方講演】日本経済を浮揚し国際競争力をも強化する処方箋案 | トップページ | 【都内での講演】日本経済がこの先どうなるか »