« 【JRI内マクロ勉強会】金融経済と実体経済、そしてグローバリズムとナショナリズム | トップページ | 【問合わせ】ヒンデンブルグ・オーメンに関する最近の金融情勢 »

2010年6月30日 (水)

【有志国際マクロ経済勉強会】顔合わせ

 2010年4月13日(火曜)に行った、「2010年 情報通信産業の潮流と展望 浮揚のための次の一手~グローバリズムの本質とマクロ経済・金融問題を絡め、抜本的な解決策を提言~」なるタイトルの講演出席者(ある企業の社長さん)から、もっと詳細を聞きたいという話が出ました。

 そこで本日6月30日(水)に、あるところで打合せをもちました。
 結果、喜んでそれをお受けすることになりました。年末まで、数回の勉強会を開催するというイメージです。

 出席者として、企業のトップ(社長)や経営幹部、あるいは公認会計士、証券会社勤務の方(エコノミスト?)らに加え、政治家(自民党)の方もいらっしゃるということでした。

 ご関心事のキーワードとして、次のようなものがあがりました。
* マクロ経済(財政問題と金融問題)、財政破綻、金融緩和
* グローバル経営、企業や産業の海外進出、多国籍企業の動向
* 欧米のサブプライムローン問題、金融危機後の債権問題、米ドルやユーロまたは人民元などの為替問題、各国の国際収支問題
* 情報通信産業の展望、規制緩和、競争・・・・・

 そこでとりあえず、「有志国際マクロ経済勉強会」といったようなもので、数回の勉強内容の割り振りを行おうと思いました。

 ご熱心な方は、少なからず、まだまだいらっしゃるのだな、という感想を持ちました。
 この種の場は、聞き手がいれば、当方も一層勉強するようになりますので、大変よい刺激になるものです。

 

|

« 【JRI内マクロ勉強会】金融経済と実体経済、そしてグローバリズムとナショナリズム | トップページ | 【問合わせ】ヒンデンブルグ・オーメンに関する最近の金融情勢 »

3.情報通信・メディア・ハイテク産業」カテゴリの記事

1.マクロ経済(財政・金融)とグローバリズム」カテゴリの記事

8.勉強会・研究会(社内および社外産官学活動)など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【有志国際マクロ経済勉強会】顔合わせ:

« 【JRI内マクロ勉強会】金融経済と実体経済、そしてグローバリズムとナショナリズム | トップページ | 【問合わせ】ヒンデンブルグ・オーメンに関する最近の金融情勢 »