« 【勉強会】日本経済が浮揚しない理由とその解決策〔part 2〕 | トップページ | 【講演】より進化するオンラインビジネスにおける企業戦略 »

2009年10月 8日 (木)

【レクチャー】北欧からのお客様とのミーティング

  一昨日(2009年10月6日〔火〕)午前、北欧のある国からの政府訪問団(同国のS機関+T庁)が弊社を訪ねました。
 同様の訪問は、これで3回目になろうかと思います。

 今回、同訪問団は中国と韓国から、日本入りしました。京都方面での会議後、1日だけ東京に滞在する予定となっており、午前に弊社JRI、午後に霞が関界隈、と承っています。

≪同国からの訪問団のメンバー6名≫
◆M・K氏, Ph.D(Econ) :S機関のPresident、前Nokia副社長
◆A・K氏, MSc. and MBA :the Executive Director of the Municipal Programme
◆J・K氏, Ph.D(Administrative Sciences) :the Executive Director of the Public Administration Management Development Programme
◆J・P氏, MSocSc :S機関のVice President, Strategic Renewal
◆T・T氏, M.Sc. :元Executive Adviser for the CEO from Elisa Corporation
◆J・V氏, Ph.D :同国T庁のCouncil

≪訪問の趣旨などに関するレターからの抜粋≫
=====≪quote≫
(略)
 We are very interested in to hear how Japanese government has meet with underlying the present economic and financial crisis as a growing mismatch between the demands of the new technological and economic environment and the organizational and institutional structures of the post-industrial society.

 新技術志向の経済環境というデマンドと脱工業化社会という組織的制度的構造の間に横たわる不整合が拡大する中で、私共は、日本政府が、現在の経済金融危機の本質をどのように見ているか、ということに非常に興味を持っています。
(略)
=====≪unquote≫

 このようなご希望に対して、「Drastic Measures to Boost Japanese Economy and ICT Industry」と題する簡単なレクチャーを私から差し上げました。
 2時間ほどのミーティングの結果、お蔭様で、活発な意見交換および両国の友好をはかることができたのではないかと思います。(^-^)

 なお、用いた資料(副題:現下の金融危機問題を解きながら)は、今年6月や9月中旬にも「part 2」として行った、霞が関官僚や企業幹部・他(大学関係)の皆さん向けの資料をベースにしたものです。

 レクチャーの狙いは、次のようなことです。

●日本経済に正しい経済対策を用いれば、GDPで年率5%以上の成長を十分に、かつ早期に実現可能であり(10%成長も決して非現実的ではなく、また財政問題も迅速に解決でき)、その実現に伴い、ICT分野などの基幹産業も、今以上の競争力を回復する。
(正確には、競争力が落ちたのは必ずしも個々の企業のマネジメント問題というよりも、大きくは総需要不足を補えない・効果のない景気浮揚策や過度な為替介入ゆえのこと。)

 ざっと以上のようなことを、種々の客観的なデータを用いてお伝えしました。

 幸いにして、訪問団リーダー格のM・K氏(同国S機関所長、前Nokia副社長)は経済学博士もお持ちであり、他の(高学歴な)皆さんも内容の理解は速く、その狙いはかなり伝わったのではないかと思います。

 特に最近の日本経済の深刻な不況および各産業の国際競争力の低迷状態にあって、今般の政権交代に伴い、日本は一体これからどのようになっていくのかなど、多大なご関心をお持ちであり、Q&Aを通じ、結果それなりにご満足頂けた場となったのではないかと・・・・・

 ちなみに、世界の景気低迷が2番底に向かっていることは、「Baltic Dry Index(バルチック海運指数)」(下述の説明資料の構成の1項目)を見れば一目瞭然です。

 また、米国の決算期である9月末後の「10月危機説」の有力なものとして、中国大手企業の米国デリバティブ商品への米国主要銀行への支払い拒否(今年の8月末の事実上のデフォルト通告)などもあって、破綻状態のFRBによる再三の銀行救済が既に不能であること、またIMFのSDR(特別引出権≒米ドルに代わる準備通貨の候補)へのシフトという世界の流れに従い、その気もない(最近のゼーリック世銀総裁やバーナンキFRB議長の発言)からだ、などの見方もあるようです。
(私見ですが、「10月危機」など幾つかの主要“イベント”を経ながら、向こう数年間かけ徐々に新たな世界体制に移行していくものと読めます。引き続き、要ウォッチです。)

 日本のマスコミは一切報じていない(英米メディアは報じている)、この当たりのことも、同訪問団のご関心事であったように感じました。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

■ Drastic Measures to Boost Japanese Economy and ICT Industry
Tuesday, 6 October 2009 9:10 – 10:30
Yutaka SHIMBO
The Japan Research Institute

◆ Summary 1
◆ Summary 2

============================================
[1] Macroeconomic Environment for Japanese ICT Industry

■ Japan's Stagnated Economic Growth Seen from GDP Growth Trend of Key Countries
≪Ref≫ Loss of business profits in electronics sector
≪Ref≫ Deflationary gap widens due to restructuring programs by electronics companies after financial crisis

■ Final demand goods and producer goods, different global competitiveness
≪Ref≫ Chinese yuan and Korean won exchange rates

============================================
[2] Factors and Problems of Economic Depression and the Lost International Competitiveness

■ Investment & consumption mechanism of "political hegemony and financial imperialism" under globalization

■ Outline of "Annual Reform Recommendations"
▼ "Financial Big Bang" (adopting international standards, etc.) and capital drain
▼ "Private equity is on the prowl"
▼ Prop Up Foreign Demand By Huge Exchange Intervention(Money Is Not Supplied To Boost Domestic Demand)

============================================
[3] Reacknowledging the Problems for Drastic Measures

■ Relationship Between Credit Creation and Nominal GDP
▼ Japan and US financial policies

■ Long term upward trend of the Dow, but how far will stock prices go down?
≪Ref≫ Trend of global trade, foreign exchange and derivatives markets

■ Trend of global hegemony (financial economy) seen from the list of world's top banks ranked by total assets
▼ On the verge of state bankruptcy: the rate of FRB assets to US GDP sharply increases
≪Ref≫ "Ghost fleets" in the sea around Singapore
≪Ref≫ Warning on "the second bottom" seen from Baltic Dry Index

============================================
[4] Drastic Measures to Boost Japanese Economy and ICT Industry

■ Misconception about international benchmark on Government Debt-to-GDP ratio
▼ New financial resource bonds issuance & outstanding, trend of government bond yield
▼ Concerns over Japan's financial assets that might be flown out abroad
▼ Japan's stagnated economic growth seen from GDP growth trend of key countries
≪Ref≫ Deflator forecast by Cabinet Office model and its gap with the actual results

■【 1st Way:Issuance of national bonds】 Japan's global presence and fiscal stimulus
▼ GDP="multiplier effect"× “total spending on effective demand"
≪Ref≫ Cabinet Office model estimation of GDP contributions
▼ Japan's shift from "savings" to consumption and investment = need public spending and investment
▼ Huge amount of money of sold lands in the time of real estate bubble has been frozen
≪Ref≫ Relation of disposable income and consumption
▼ Elasticity of tax revenue to GDP
▼ We have no “Deflation Gap" in the Japanese economy !?
≪Ref≫ Definition of GDP Gap (Deflation Gap)
▼ Size of the true Deflation Gap
▼ Economic measures using Deflation Gap and its dramatic impacts

■【2nd Way: Direct Underwriting of Government Bonds by BOJ】 Funding by Issuance of Noninterest Bonds through BOJ's Payment to National Treasury
▼ Teaching of Korekiyo Takahashi: "Exit" Strategy for Fiscal Crisis

■【3rd Way: Issuance of Government Notes_"Seignorage"】 Immediate Stimulus to Economy and 10% annual growth
▼ Proposal to Print Money by Stieglitz
≪Ref≫ Successful Issuance of Government Notes in early Meiji Era

■ Outline of Digital Japan Creation Project (ICT Hatoyama Plan) by MIC
▼ Japan has no “Macroeconomic" visions and sticks only to “Microeconomic" measures
▼ ICT industry-led growth scenario and the coming "10 year of progress"
▼ Investment on Network and Platform Layers for Generating Future Basic Industries
≪Ref≫ Development of social infrastructure at deep underground (investment without creating productivity)
▼ Do we really need a "global top one"?

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

PS:
 当日、実質一人で対応することになってしまった私の下手な英語では、とてもこの種の(日本語で語るのさえ結構難しい)内容に関するミーティングは耐えられず、研究アシスタントのKさんのお蔭で、何とか切り抜けることができたかなぁ、という感じでした・・・・(^-^)

|

« 【勉強会】日本経済が浮揚しない理由とその解決策〔part 2〕 | トップページ | 【講演】より進化するオンラインビジネスにおける企業戦略 »

3.情報通信・メディア・ハイテク産業」カテゴリの記事

1.マクロ経済(財政・金融)とグローバリズム」カテゴリの記事

8.勉強会・研究会(社内および社外産官学活動)など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【レクチャー】北欧からのお客様とのミーティング:

« 【勉強会】日本経済が浮揚しない理由とその解決策〔part 2〕 | トップページ | 【講演】より進化するオンラインビジネスにおける企業戦略 »