« 【一言】太陽光発電の普及策に垣間見える背景 | トップページ | 【海外出張】中東・南アジアにて事業機会模索ミーティング »

2008年8月18日 (月)

【海外出張】欧州と米国にて事業提携模索ミーティング

 若干多忙であったことにかまけて、大幅に更新を怠っていました。下述の件を含め約2ヶ月間の空白分を少しずつ、バックデートで記しておきます。^^;

 8月の第1週から第3週にかけ、約2週間ですが、次のような国々である仕事のミーティング(現地企業との事業提携機会の模索)のために出向いていました。

≪欧州≫
◇ドイツの大手エレクトロニクスメーカー
◇ドイツの総合電機メーカー
◇オーストリアの産業インフラ・機器メーカー
◇ドイツの総合電機メーカーのある産業 インフラ事業会社
◇スイスの電源機器メーカー
◇ドイツの総合電機メーカーのある産業インフラ事業部門
◇デンマークのソフトウェア会社
20080819_4


  欧州の伝統的な企業における海外事業展開の歴史的経緯やその背景、さらには彼らの海外戦略の一端を垣間見ることができました。
 それにしても、8月の第3週にして、デンマークのコペンハーゲンは、オーバーがいるほど寒かったです。

≪米国≫
◇米国コネチカット(CT)州の大手産業インフラ企業
◇米国フロリダ(FL)州の産業インフラ系コンサルティング会社
◇米国テキサス(TX)州の総合電機メーカー
◇米国カリフォルニア(CA)州の産業インフラ系コンサ ルティング会社
◇米国カリフォルニア州(CA)の産業インフラ系機器メーカー
20080819_5
 米国では、この時は今般のサブプライムローン問題はさほど大きなことと、上記企業においては認識されていない様子でした。ただ、不動産市場からビル建設市場などにおいては、徐々に暗雲が立ち込めてきている状況にあることは感じているようでした。

|

« 【一言】太陽光発電の普及策に垣間見える背景 | トップページ | 【海外出張】中東・南アジアにて事業機会模索ミーティング »

7.海外出張、社外ミーティングなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【海外出張】欧州と米国にて事業提携模索ミーティング:

« 【一言】太陽光発電の普及策に垣間見える背景 | トップページ | 【海外出張】中東・南アジアにて事業機会模索ミーティング »