« 【取材】朝日新聞に「次世代無線」に対するコメント | トップページ | 【NIKKEI NET】デフレ下の販売奨励金廃止で携帯メーカーは敵対買収される »

2007年10月15日 (月)

【講演】2件:いずれも次世代高速無線通信

20071015  次世代高速無線通信の話題が続いています。新たなに2件(パネル登壇+講演)、を引き受けました。

 1つ目は、日経BP社からの依頼による、「IPコミュニケーション&モバイル 2007」(@東京ビッグサイト )の会期中に行れるものです。 
 「2.5GHz帯」での免許を受付け、これから免許割当ての審査に入ろうとする時期に重なります。当日は、主に「アプリケーション」寄りの話が中心になるのではないかと思います。

=====≪quoted≫
[パネルディスカッション] どうなるワイヤレス・ブロードバンド

〈日時〉

 2007年10月26日(金)16:15~17:15

〈パネリスト〉
◇インテル
 事業開発本部 政府渉外部長
 杉原 佳尭 氏

◇日本総合研究所
 理事・主席研究員(通信メディア・ハイテク戦略クラスター長)
 新保 豊 氏

◇日経コミュニケーション
 記者
 榊原 康

〈モデレータ〉
◇日経コミュニケーション 編集長
 林 哲史 

◆講演内容
 屋内外で移動しながら数M~数十Mビット/秒の高速通信サービスを提供する「ワイヤレス・ブロードバンド」が事業化に向けて動き始めました。
 本セッションでは、ワイヤレス・ブロードバンドにかかわる専門家や識者を招き、ワイヤレス・ブロードバンドが企業の業務や個人の生活をどのように変えるのか、そのサービス像についてディスカッションします。

=====≪unquoted≫



20070808wimaxforum  2つ目は、WiMAXフォーラム日本オフィスからのものです。前回(2007年9月)に続き、2目の講演となります。

 まだ講演内容はよく考えていませんが、今回は「アプリケーション」寄りの話を多くし、また次世代高速無線通信の情報通信産業(や日本経済)に与える意味について、あるいは総務省のモバイルビジネス研究会で公表(2007年9月18日)された「MVNO関連の将来市場規模」に対する、マクロ経済環境を考慮した場合の私の見方などについて、お話ししようと思います。たいがいの市場規模での計算には、国の経済成長や総需要(=総所得)といった要素が考慮されていないものです。

=====≪quoted≫ 
WiMAXフォーラム主催 モバイルWiMAXセミナー
日時: 2007年10月29日(月)、13:00-16:00
場所: アイビーホール青学会館

◆内容:
 前週に台北にて開催されるWiMAXフォーラムの全体会合を含むWiMAXフォーラムの最新動向の解説に加え、世界規模で導入が計画されているモバイルWiMAXのグローバルマーケットの動向や米国で先陣を切るスプリント・ネクステルのモバイルWiMAXの事業計画についてご紹介します。
 さらに、日本でも年内に全国バンドの事業者が確定する予定の2.5GHz帯の周波数において、グローバルスタンダードであるモバイルWiMAX方式を採用することの意義について、グローバルマーケットにおける国内産業育成や国際競争力強化の観点からご紹介いただきます。

◆講演者:
① WiMAXフォーラムの最新動向
 (WiMAXフォーラム、庄納 崇)
② WiMAXのグローバルマーケットの動向
 (Yankee Group, XJ Wang)
③ スプリント・ネクステルのモバイルWiMAXの取り組み
 (スプリント・ネクステル、Masoud Olfat)
④ 日本の2.5GHz帯ブロードバンドワイヤレスアクセス(BWA)への提言
 (日本総研、新保 豊)

=====≪unquoted≫

|

« 【取材】朝日新聞に「次世代無線」に対するコメント | トップページ | 【NIKKEI NET】デフレ下の販売奨励金廃止で携帯メーカーは敵対買収される »

3.情報通信・メディア・ハイテク産業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【講演】2件:いずれも次世代高速無線通信:

« 【取材】朝日新聞に「次世代無線」に対するコメント | トップページ | 【NIKKEI NET】デフレ下の販売奨励金廃止で携帯メーカーは敵対買収される »