« 通信企業のCSR座談会 | トップページ | 【講演】2件:いずれも次世代高速無線通信 »

2007年10月12日 (金)

【取材】朝日新聞に「次世代無線」に対するコメント

 先日の朝日新聞(経済政策グループ)記者からの電話取材の結果が、ごく1行のみ私のコメントとして出ていました。
 近くこの関連(次世代高速通信のアプリケーションなど)では講演なども予定されていますので、そちらで具体的なことをお話ししましょう。


=====≪quoted≫
次世代無線「屋外高速ネット」 割り当て2枠に4陣営
(朝日新聞) 2007年10月12日

 屋外での高速ネット接続を簡単にする次世代の無線通信について、総務省は12日、参入希望企業の受け付けを締め切った。申請したのはNTTドコモ、KDDIなど既存の携帯電話・PHS会社が加わる4陣営。年内にも2社に周波数を割り当て、09年に新たなサービスが始まる見通しだ。
2007101【写真は、ワイヤレスブロードバンド企画の社長として申請書類を提出する田中孝司・KDDI常務(右)=11日、東京都千代田区の関東総合通信局で】

 「光ファイバー(並み)のサービスが外に出ていく。そこに膨大な可能性がある」。11日午後、ソフトバンクとイー・アクセスなどが出資したオープンワイヤレスネットワークの記者会見で、深田浩仁社長(イー・アクセス副社長)は、次世代無線の魅力を強調した。

 特徴は、現在の携帯電話の10倍以上という通信速度と、時速100キロ程度での移動中も途切れない安定性。家庭内で光ファイバーをつないだ場合に近い通信速度が、外出先でも実現する。

 各社がまず狙うのはノートパソコンを対象にしたデータ通信だ。月4000円前後の定額制で、ネット経由での高画質の動画を送受信できる。

 撮影した映像をリアルタイムで送信するビデオカメラが登場すれば、記録容量を気にせずに孫の運動会の様子を田舎の祖父母に送ったり、旅行を生中継したりもできる。テレビ、エアコン、監視カメラなども低コストでネットにつながりそうだ。

 事業者は、他社に回線を積極的に貸し出すことが求められており、特定の映画会社や新聞社が端末を配る「モバイル映画」「携帯新聞」など、アイデア競争も期待される。日本総研の新保豊主席研究員は「社会のつながりに変化をもたらす」と予想している。

 しかし、既存の携帯電話会社は顧客を奪われる可能性があり、各陣営がどこまで本腰を入れて取り組むかの見極めが肝心だ。総務省は、各社の計画を技術力、財務基盤、営業の開始時期・範囲などで比較し、2社を「当選」させる方針だ。

 2年前に携帯電話の周波数を割り当てたベンチャー企業アイピーモバイルが、資金難から事業開始のめどが立たずにいることへの反省も総務省にはあり、資金計画の裏付けとなる書類の提出を要請。審議会でも各業者からのヒアリングを予定し、「国民の納得できる公平、透明な審査にする」(増田総務相)としている。

    ◇

〈次世代無線通信〉 総務省が2社に割り当てる2.5ギガヘルツ帯の周波数での無線通信。無線LAN並みの通信の速さと、携帯電話の広域性を併せ持つ。各社は米半導体大手インテルが推進する技術「ワイマックス」と、現行のPHSを発展させた「次世代PHS」の二つの方式に分かれて、次世代無線通信への参入を目指す。
=====≪unquoted≫

|

« 通信企業のCSR座談会 | トップページ | 【講演】2件:いずれも次世代高速無線通信 »

3.情報通信・メディア・ハイテク産業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【取材】朝日新聞に「次世代無線」に対するコメント:

« 通信企業のCSR座談会 | トップページ | 【講演】2件:いずれも次世代高速無線通信 »