« 外資系投資銀行の戦略スタッフへレクチャー | トップページ | 【取材】『財界』WiMAX »

2007年9月21日 (金)

ちょっと一息@Vancouver

 今週半ばの9/26(水)から、ある所用により、カナダのVancouverに数日間だけ行っていました。ちょっと一息といったところです。 
(土曜には現地を出て東京に戻って来ました。またゆっくりと訪れたいところです。)20020070921vancouver1 
 Vancouverの緯度はちょうど樺太中央より少し南(従って、Londonよりも少し南)に位置していますが、春・夏は大変涼しく、また温暖でもあり、冬でも温度は東京と同じ程度だそうです。
 このような恵まれた地域は、北米西河岸では、ほか米国側のポートランド、シアトルぐらいだそうです。

 2つの写真は、北東側を向いて撮られた外観です。両写真とも、左手にVancouverダウンタウンが、右上に緑一色の植林が生い茂ったスタンレーパークが見えます。手前には青い水がきれいなバラード入江が広がっています。

 その向こう(写真上部)は太平洋側です。と言いましても、ここダウンタウンから見える向こうには、地図のとおり大きなVancouver島があり、さらにその向こうが太平洋となります。大変複雑な地形を形成していて、かなり奥まったところにダウンタウンがありますので、荒波がここを襲うことは皆無であり、海水浴のできる地域が数箇所あるようです。

200 スタンレーパークは、かなり広大な敷地(405ha、ダウンタウン中心部から眺めると北西に位置)となっており、緑あふれるスポットが点在しています。春から夏にかけての花の季節は格別のようです。バラード入江に突き出した岬全体が、深い森に覆われた自然公園になっています。
 湖や川、原生林などがパーク内にあり、カナダグースなどの野鳥やリスなどの小動物も生息しているとのことです。次回は、もっとのんびり春から夏にまた訪れたいものです。
 
 地図上のシアトルからVancouverへは車で2時間。シアトルには、マイクロソフトやボーイングの本社があります。最近のカナダドル高のためか(対日本円の米ドルとの為替レートとほぼ同じになりました)、Vancouverから米国側へ買物に出かける人が増えているようです。

 一方で、Vancouverにマイクロソフトの業務機能の一部が引っ越してくる、という噂があります。ボーイングの最近の業績もかなり良いようでして、こうした調子の良い米国企業によるVancouverへの投資も活発になってきているようです。米国からの過度な影響に対して、現地Vancouverの人々はやや困惑気味に感じているようでした。

|

« 外資系投資銀行の戦略スタッフへレクチャー | トップページ | 【取材】『財界』WiMAX »

9.雑感・一息」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと一息@Vancouver:

« 外資系投資銀行の戦略スタッフへレクチャー | トップページ | 【取材】『財界』WiMAX »