« 【講演】マクロ経済や社会インフラの変化から読む 今後のデジタル家電市場 | トップページ | 【取材】次世代高速無線通信(WiMAX) »

2007年9月14日 (金)

韓国財閥系企業、K大学、総合電機メーカーとのミーティング

20070914  9/14(金)は少々忙しい日となりました。

招かれて午前中、韓国の財閥系大手エレクトロニクスメーカー(日本法人)のトップマネジメントのみなさん(社長+2名の常務+顧問)とランチョンミーティング

 話題は日本の情報通信市場の行方。特にWiMAX市場の動静を中心に、1997年の「アジア金融危機」前後の韓国の経済情勢、日韓の企業レベルでの友好促進、さらにはイノベーションなどについて意見交換をしました。
 
 お話しの中でイノベーションについて、私から推薦したい著書について触れました。その本とは、このBlogの「専門家アンケート:2007年を見通す(2006/12/14)」でも紹介しているものです。私にとっては、イノベーションに関するバイブルのような位置づけとなっています。
  ★トム・ケリー著『発想する会社!(The Art of Innovation)』、出版社(早川書房)


午後そのまま、K国立大学の経済学部と同ビジネススクールの教授お二方と意見交換

 今回は2回目。私たち(弊社)のようなシンクタンク機能と経営コンサルティング機能を併せ持つところに、ご興味をお持ち頂いています。
 当方からは、私のほか3名の若手・中堅研究員が同席。

 最初に、K大ビジネススクールご担当者から、「文理融合」をキーワードに、①事業創再生、②プロジェクト・オペレーション、③フィナンシャル・リスク・マネジメントについて説明頂きました。その後、知識産業や非金銭的経済、さらには外国人の受け入れなどについて話題が及びました。

 経済学部ご担当者とは、主に、a)ゲーム理論、b)リアルオプション、c)企業間取引、d)産業集積、さらにはe)競争政策などに関し意見交換をしました。時間の制約から、今回は大枠レベルのことでした。
 私からは、主にマクロ経済的な視点の重要性を強調しました。ミクロ経済学と異なり、需給関係の均衡の崩れた系における、さまざまな経済要因に対する考察は難しいことが多いものです。しかし、例えば、情報通信産業のようなミクロ面への影響など、無視しえないことが少なからずあるからです。

 継続して意見交換を重ねましょうということで、個々の検討などについては次回の課題としました。

夕刻~夜半、総合電機メーカーとのミーティングなど

 主に研究開発に関する国内外のケーススタディについて。具体的なアジェンダについてはここでは控えたいと思います。先日、半導体・エレクトロニクスメーカーの今後の動静・展望について講演をしたばかりでしたので、わが国の電機メーカーにもエールを贈りたいと考えています。

 個々の企業行動(Conduct)において、マネジメント上の目標やそれを実現する戦略のことも重要ですが、一方でその企業の行動を規定している産業・市場構造(Structure)が、多くの場合、行動の結果としての成果(Performance)に多大な影響を及ぼすものです。
 にもかかわらず、このStructure領域での国や産業界挙げての実効的な取り組みが不十分であると日頃から感じているところです。

 研究開発分野であれば、私のチームはさまざまな経験をもっています。さまざまなスキルとノウハウを持っています。これらは海外本社の指針書や教科書をローカライズするようなものではなく、日本企業が置かれたStructureを加味し、Structureの変革を働きかけるとともに、最も効果的なConductを通じ、最大のPerformanceを得ようというものです。

 本日のミーティングを通じ、この企業(またはご担当者)における課題や潜在能力の一端が垣間見えたような気もし、今後の行動についての展望も見えたようにも感じました。お蔭様でとても有意義な場となりました。有り難うございました。
(また、料理はとても美味しく、日本酒も大変旨く、ご馳走になりました。)

|

« 【講演】マクロ経済や社会インフラの変化から読む 今後のデジタル家電市場 | トップページ | 【取材】次世代高速無線通信(WiMAX) »

7.海外出張、社外ミーティングなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国財閥系企業、K大学、総合電機メーカーとのミーティング:

« 【講演】マクロ経済や社会インフラの変化から読む 今後のデジタル家電市場 | トップページ | 【取材】次世代高速無線通信(WiMAX) »