« 【社内M&I勉強会】Web2.0時代の企業のあり方 | トップページ | オリジナル原稿(今秋の次世代高速通信の行方予想) »

2007年9月 2日 (日)

次世代高速通信(2.5GHz帯)の行方をNIKKEI NET向けに脱稿

 明日(9/3月曜)の「WiMAX Japan フォーラム」招待講演のために、先週作成しておいた“PowerPoint資料”の内容を基に、今しがたNIKKEI NET(BizPlus)向け原稿を脱稿しました。BizPlusの「コラム」は最近執筆者が増え、混み合っているようですので、掲載日は未定ですが。。。

 この「コラム」では、あまり長い文章を掲載しにくいため、やや省略したものをBizPlusに掲載後、私のオリジナル原稿を、“後日掲載”としておきたいと思います。。(お約束どおり、アップしました。9/6〔木〕記述)

 その時にはこのBlogでアナウンスし、上記“後日掲載”をクリックすることで、そのオリジナル原稿にリンクできるのではないかと思います。

 また、講演後は、上記“PowerPoint資料”にそのファイルを貼っておきたいと思います。(すみません、その後、若干事情が変わりまして、PowerPoint資料のアップはしばし保留とさせて下さい。9/6〔木〕記述)

 写真は、ノキア・シーメンス・ネットワークス社の、日本および韓国市場担当責任者であるマイケル・クーナー氏。日本市場に大きな期待を寄せているようですね。一方で私は、日本企業に大きなエールを送りたいと思います。

 その関連記事「ノキア・シーメンス、モバイルWiMAXやLTEのデモ」も、ついでに示して置きます。

|

« 【社内M&I勉強会】Web2.0時代の企業のあり方 | トップページ | オリジナル原稿(今秋の次世代高速通信の行方予想) »

3.情報通信・メディア・ハイテク産業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 次世代高速通信(2.5GHz帯)の行方をNIKKEI NET向けに脱稿:

« 【社内M&I勉強会】Web2.0時代の企業のあり方 | トップページ | オリジナル原稿(今秋の次世代高速通信の行方予想) »