« 【海外出張】フランス(Paris)にて | トップページ | 総務省ICT国際競争力会議のWG第1回会議に向け »

2007年8月 3日 (金)

【海外出張】ドイツ(Bonn)にて

20070801  ParisからドイツのBonnへ。Bonnにはかつての官庁街でもあり、政府と関係が強い企業の本社があります。大半はBerlinに移りましたが、今も首都機能が一部残っているはずです。

 仕事で私はBonnにもBerlinにも何度か訪れていますが、いつ来てもライン川近辺の街並みが美しいことに感動します。

  ホテルの前はライン川が、ゆったりと流れているように見えました(写真上)。しかしよく見ると結構流れは速く、向こう岸に人々を渡す船が進むには、かなりのパワーがかっかている様子が分かりました。

 次の文は、内容が重複しますが、ボンからSkypeで東京のチームメンバーに送ったものです。
=====================
 こちら3人は元気です。予定通り現在ボン(ドイツ)に来ています。ホテルの前はライン川が流れ、外は空気がきれいで涼しくいいところです。
 大学街ですので、全体的に落ち着いた雰囲気があります。いま外で教会の12時(昼)を告げる鐘が鳴っており、異国情緒を感じさせます。
 午後はドイツテレコムCIOとのミーティング。ボンは西独時代の首都ですので、伝統的な通信会社の本社もここにあるということでしょう。
=====================

20070801_2 ボンにはまた別の顔があります。写真(下)は、何か分かるでしょうか。

 そう、ベートーベン先生です。写真は後ろ姿のものですが、この広場を訪れたことのある人でしたら、すぐに分かったことと思います。

 さすが音楽(特にクラシック)の街でもありますので、夕方になると、2人か3人のストリートミュージシャンのグループが三々五々、小道に現れ、バイオリンでクラシックの曲を奏でていました。中には10歳ぐらいの男の子とそのお父さんらしきペアの演奏も。これがとてもうまい。また恐らく移民だと思いますが、バンドネオン(bandoneon:アコーディオンに似ている楽器)で、「アルゼンチン・タンゴ」を弾いていた30歳代風の男性ペアの演奏は秀逸。プロ並みでした。たいがいの通行人が足を止めて聞き入っていましたよ。

 8/3(金)にボンを出る前の午前中、ホテルでNIKKEI NETの恒例のIT Plusアンケートに回答しました。 これで3度目くらいでしょうか。ただ偶然にも、うち2度は確かドイツ(ベルリンのホテル?)からだったと思います。その時(2004年6月)は、太陽光発電などの環境・エネルギーに関する仕事で、ちょうどドイツでワールドカップが開催されていた時分にこの国を訪れていました。

 通信環境が年々良くなってきていますので、原稿はどこでも書けるものです。それを送るのも簡単ですし、まるで東京で仕事をしているのと変わりありません。「仕事がどこにでも付いてくる」と嫌がる人も少なくないかも知れませんね。

 東京で脱稿した、『週刊エコノミスト』(NTT特集)の記事の初校確認は、確か数日前の米国滞在の時だったと思います。

|

« 【海外出張】フランス(Paris)にて | トップページ | 総務省ICT国際競争力会議のWG第1回会議に向け »

7.海外出張、社外ミーティングなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【海外出張】ドイツ(Bonn)にて:

« 【海外出張】フランス(Paris)にて | トップページ | 総務省ICT国際競争力会議のWG第1回会議に向け »