« 【講演】WiMAX Japanフォーラム | トップページ | 【社内M&I勉強会】民営化 »

2007年8月16日 (木)

【講演】ポスト北京五輪のデジタル家電市場

20070816  日経マーケット・アクセスセミナーにて、1番バッターで講演をすることになりました。

 その案内がインターネットに掲載されました。私は以前、総合電機で半導体分野の仕事をしていましたが、細かなことなど今はブラックボックス状態。したがって、今回の講演内容は主にマクロ経済的な視点に立ったものです。

 「ポスト北京五輪のデジタル家電市場(マクロ経済や社会インフラの変化から読む今後のデジタル家電市場)」(2007年9月13日)

マクロ経済や社会インフラの変化から読む今後のデジタル家電市場

日本総合研究所 総合研究部門 
理事・主席研究員
(通信メディア・ハイテク戦略クラスター長) 新保豊 氏

 北京五輪後の世界の経済情勢。バブルがはじけるか。他の国・地域が台頭してくるか(チャイナ問題)。日本の金融危機・恐慌の可能性と国内産業への余波はどうか。半導体産業をも揺るがす恐ろしいマクロ経済シナリオ(ジャパン問題)はあるか。

 世界の放送・通信分野で今起こっている変化。それが2010年代に向けてどのようなことが起こりそうか。

 世界の放送・通信分野で日本はどのような存在か。どのような方向に行こうとしているのか。日本政府はどのように対処しようとしているのか。

 放送・通信・ネットワーク分野から見たとき,日本のエレクトロニクス・メーカーの進むべき道(マクロ視点)。ビジネス・モデルとは。

|

« 【講演】WiMAX Japanフォーラム | トップページ | 【社内M&I勉強会】民営化 »

3.情報通信・メディア・ハイテク産業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【講演】ポスト北京五輪のデジタル家電市場:

« 【講演】WiMAX Japanフォーラム | トップページ | 【社内M&I勉強会】民営化 »