« VoIP推進協議会の会長に就任 | トップページ | 【取材】iPhoneの日本市場の参入は当分ないだろう »

2007年7月20日 (金)

フィンランドTEKESとの仕事

 今週、私のチームで、ある電話会社のコールセンターを見学する機会を得ました。私は米国などで数年前から、様々な仕事の関係でコールセンターを見学・視察する機会を得たことがあります。

 例えば、eコマース関連、通信関連、あるいはCATV関連などの企業が運用するものです。今回のコールセンターの水準(スピードなどの効率性、セキュリティーなどの品質面)、は、世界でも最も進んでいる部類ではないかと感じました。ただ具体的なことは、書けませんのでご容赦を。

 さて、今週末の8/20(金)、TEKESというフィンランドの技術庁のあるディレクター(Ph.D)と、デジタルメディアに関するミーティングをもちました。東京オフィスは、南麻布のフィンランド大使館の敷地にあります。

 私はある縁で、フィンランド大使館が主催する、フィンランド政府要人(大統領や首相、大臣など)主催のレセプションやセレモニー、あるいは日本の総務省間の意見交換会(ランション・ミーティング)などにも、出席したことがあります。ちょっとしてきっかけで、フィンランド国とは、この6~7年間少々関係があります。フィンランドはIT先進国でもあり、私の仕事のこともあり、注目すべき国だと思います。

 昨年度は、野村総合研究所や三菱系のシンクタンクが手がけたと聞きましたが、今年も昨年同様に、主にある特定分野のテクノロジーを基に、わが国の市場の動向などをスタディーするものです。当社も当初からお声がかかっていたのですが、別の仕事の関係で調整がつかず、昨年度は残念ながら見送らざるを得ませんでした。

 今年末までに、3本のテーマでレポートをまとめるものです。うち2本は例えば、「メディア2.0」が主要なキーワードになるのではないかと思います。 この仕事を通じ、TEKESとJRIとは共同の成果が得られるはずですので、その時にはJRI側でうまく編集し対外的に公表することもできるかも知れません。

|

« VoIP推進協議会の会長に就任 | トップページ | 【取材】iPhoneの日本市場の参入は当分ないだろう »

7.海外出張、社外ミーティングなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィンランドTEKESとの仕事:

« VoIP推進協議会の会長に就任 | トップページ | 【取材】iPhoneの日本市場の参入は当分ないだろう »