« 【取材】iPhoneの日本市場の参入は当分ないだろう | トップページ | 【海外出張】英国(LondoのCityなど)にて »

2007年7月25日 (水)

【海外出張】米国(NY州、NJ州、Kansas City、Chicago)にて

Usa0708020051    7/24(火)に成田を出て、米国、英国、フランス、ドイツにかけ、ある件の関係でケーススタディを行ってきました。帰国は8/4(土曜)。外国と日本の違いをいろいろを感じるものです。

 米国では、NY州に宿泊し最近(7/24~7/25)のNYを見てきました。出張ですのでほんの半日か1日滞在した程度で、翌日には隣りのNJ州のVerizon本社の幹部とミーティングを行いました。別途、テレビ会議によるVerizon側の参加もありました。

 NY(Manhattan)では、直前の7/18に蒸気管爆発事故がありましたので、もしかしたらアスベストを吸い込んでしまったかも知れません。NYの蒸気管爆発事故、破片からアスベスト検出(2007年07月20日)の記事を読むと、ちょっと不安。

 このNYから車(リモー)を調達し、高速を飛ばしハドソン川を横切って、隣りのNJ州へ。Verizonは森の中の広大な敷地にありました。高速は空いていて快適。研究にはもってこいの環境でしょう。受付では、次々と来客がありこの企業の活動が活発なことがうかがい知れます。

20070726sprintnextel NJの空港から、Kansas Cityへ。「米国のへそ」と呼ばれ、ちょうどこの国の中央部に位置しています。

 出張先は、SprintNextelという固定電話と携帯電話のサービスを行っている総合通信会社( 写真中央)。敷地に大きな池が幾つもありました。炎天下でしたので、この池とその緑をみて少しほっとする感じでした。

 携帯電話部門では全米で、Verizon、AT&Tに次いで第3位の企業です。ここのCIOと会って来ました。ビジネスの面ではとてもアグレッシブな方ですが親切で、ここでも私たちを大変暖かく迎え入れて下さいました。

 午後のミーティングは、車で5分ほどの、ある運送・輸送会社へ。ここのCIOの方の古巣は、SprintNextelとのこと。数名のみなさんと業務とITに関するミーティングをもちました。

 Kansas Cityは、「よき米国・中西部」の伝統がまだ残っているようなところでした。ランチをとったイタリアンの店で、3歳ぐらいの小さな女の子とそのお母さん、お婆さんの家族が、研究員のAさんに話しかけているのが聞こえました。Aさんら私たちは、その子にとって、「初めて見る日本人なのですよ」と。

20070727chicago_3 夕刻にはKansas CityからからChicagoへ向かい、そこで宿泊しました。新古典派のシカゴ学派を形成するシカゴは大きな街(写真下)です。

 ホテルのすぐ近くには、大きなミシガン湖がありました。すぐ歩いて行ける距離でしたが、私はそこまで行きませんでした。同行したAさんが撮った写真には写っていませんが、時間帯によっては靄(もや)が一面にかかっていました。

 自分の立っている場所を知らなければ、近くにきっと海があると勘違いすることでしょう。

 

 

|

« 【取材】iPhoneの日本市場の参入は当分ないだろう | トップページ | 【海外出張】英国(LondoのCityなど)にて »

7.海外出張、社外ミーティングなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【海外出張】米国(NY州、NJ州、Kansas City、Chicago)にて:

« 【取材】iPhoneの日本市場の参入は当分ないだろう | トップページ | 【海外出張】英国(LondoのCityなど)にて »