« エリクソンの中国での携帯電話ビジネス | トップページ | 通信と放送の融合に関する“情報通信法”の機会と脅威(対CATV会社・電力系通信会社) »

2007年6月13日 (水)

【対談】ある大手通信会社社長とCSRについて

 ある大手通信会社から、「2007年版のCSR(企業の社会的責任)に関し、その会社の社長さんとの対談申し入れの連絡が先日来ました。

 大切なことですので、お引き受けする方向で調整に入りました。いわく、「視野を社会全体に向け、さまざまなステークホルダーと対話する(社会的感性を磨く)」なる、サスティナブル・イノベーションの視点に立ったものだそうです。

(2005年11月にも、「ネットワークの光化とマネジメントのアウトソーシングによる事業革新」と題する、同様の対談をお引き受けしました。中谷公巳さんのBlog引用をお赦し下さい。これは別の大手通信会社副社長さんと私との壇上での対談。帝国ホテルで実施されたもので、主に光ファイバーなどを用いたい今後の将来ビジネスに関するものでした。)

 今般の社長対談は2つで構成される模様。私は「経営戦略、情報通信の専門家」として、もうお一方は「企業PR等の専門家」の立場として。実施時期は7月中旬~下旬。この時期、ある仕事で海外のケーススタディに出ている予定がありますので、スケジュールの調整をしたいと考えています。

|

« エリクソンの中国での携帯電話ビジネス | トップページ | 通信と放送の融合に関する“情報通信法”の機会と脅威(対CATV会社・電力系通信会社) »

7.海外出張、社外ミーティングなど」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【対談】ある大手通信会社社長とCSRについて:

« エリクソンの中国での携帯電話ビジネス | トップページ | 通信と放送の融合に関する“情報通信法”の機会と脅威(対CATV会社・電力系通信会社) »